大阪市浪速区湊町の心療内科・精神科「なんばみなとメンタルクリニック」です。JR大和路線「JR難波」駅南出口より徒歩2分。一般的なこころのご相談はもちろん、睡眠やお子様の心の問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。土曜日も17時まで開院。

睡眠時随伴症(夢遊病、夜驚症、レム睡眠行動障害)

睡眠時随伴症(夢遊病、夜驚症、レム睡眠行動障害)

睡眠中に寝ぼけたような行動が起きる病気です。大きく分けて、ノンレム睡眠中に起きるものと、レム睡眠中に起きるものの2つがあります。
ノンレム睡眠中に起きるものとしては、睡眠時遊行症(夢遊病)や睡眠時驚愕症(夜驚症)などがあり、多くは小児期に見られます。睡眠中に歩き回るほか、布団の上に座るだけのものから、廊下で放尿をしてしまうような目的を持った行動まであります。起こしても覚醒させることは非常に困難です。小児期にみられる睡眠時遊行症は、大人になるまでには自然に消失することが多いようです。
レム睡眠中に起きるものとしては、レム睡眠行動障害があります。高齢の男性に多い病気です。レム睡眠中には夢を見ることが多いですが、通常は筋肉が弛緩しており金縛り状態で身体が動くことはありません。レム睡眠行動障害では金縛り状態が解除されて身体が動くようになるため、夢内容と一致して寝言や異常行動が起こってきます。喧嘩をしている夢を見て大声で叫んだり、隣で寝ている家族に殴りかかったり、起き上がって壁を蹴飛ばしたりすることもあります。しかし、本人は覚えていないため、一緒に寝ているパートナーに気づかれることが多いです。寝言や異常行動を抑えるお薬による治療が行われますが、最近の研究でレビー小体型認知症やパーキンソン病など、他の病気のごく初期の症状として現れる場合があることがわかってきました。レム睡眠行動障害の患者様が全員そのような病気に移行するわけではありませんが、長期間にわったて注意深く経過をみる必要があります。

疾患一覧に戻る >>

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
 9:30
|
12:30
秋田
宮里
宮里 宮里 秋田 秋田 秋田
宮里
15:30
|
19:00
秋田
宮里
宮里 宮里 秋田 秋田 秋田
宮里

担当医師睡眠外来:秋田 / 児童・思春期精神科:宮里

★…土曜日午後診は13:30~17:00

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒556-0017
大阪市浪速区湊町2丁目2番22
アーベインなんばウエスト1F

JR大和路線「JR難波」駅南出口より 徒歩約2分
大阪市営四つ橋線「なんば」駅30番出口より 徒歩約6分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6631-3710

近隣のコインパーキング等をご利用ください

PAGETOP
Copyright © 2018 なんばみなとメンタルクリニック All Rights Reserved.