大阪市浪速区湊町の心療内科・精神科「なんばみなとメンタルクリニック」です。JR大和路線「JR難波」駅南出口より徒歩2分。一般的なこころのご相談はもちろん、睡眠やお子様の心の問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。土曜日も17時まで開院。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症について

夜間十分な睡眠をとっていても、昼間の時間帯に強い眠気に襲われ、何度も居眠りを繰り返してしまう病気です。ナルコレプシー、特発性過眠症、反復性過眠症などの病気が考えられます。その他、睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などでも、夜の睡眠が妨げられるため昼間の眠気が生じることがあります。また、過眠症の診断には睡眠不足や睡眠リズムの影響を考える必要があります。

ナルコレプシーについて

夜間に十分な睡眠がとれているにもかかわらず、日中に耐えがたい眠気を感じ眠り込んでしまう病気です。日本人では600人に1人いるといわれ、10代半ばから日中の眠気を自覚することが多いです。笑ったり喜んだり驚いたときなどに、膝や首、まぶたなどの筋肉の緊張が突然消失したり(情動脱力発作)、寝入りばなに鮮明で生々しい夢をみたり(入眠時幻覚)、金縛り体験を繰り返すなどの特徴があります。ナルコレプシーの原因の一つとして、オレキシンという覚醒を維持する脳内物質が低下していることがわかっています。
覚醒を促すお薬の治療により眠気や情動脱力発作は軽減しますが、この病気を適切に診断できる医師や医療機関が少ないため、ナルコレプシーの診断が確定するまでに長い時間がかかってしまうことが多いです。そのため、患者様は強い眠気や情動脱力発作に長期間悩まされ、学業や仕事などで大きな支障を来しやすいです。診断には、1泊2日で入院した上で精密な検査(終夜睡眠ポリグラフ検査と反復睡眠潜時検査)が必要ですので、検査については関連病院をご紹介いたします。

疾患一覧に戻る >>

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
 9:30
|
12:30
秋田
宮里
宮里 宮里 秋田 秋田 秋田
宮里
15:30
|
19:00
秋田
宮里
宮里 宮里 秋田 秋田 秋田
宮里

担当医師睡眠外来:秋田 / 児童・思春期精神科:宮里

★…土曜日午後診は13:30~17:00

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒556-0017
大阪市浪速区湊町2丁目2番22
アーベインなんばウエスト1F

JR大和路線「JR難波」駅南出口より 徒歩約2分
大阪市営四つ橋線「なんば」駅30番出口より 徒歩約6分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6631-3710

近隣のコインパーキング等をご利用ください

PAGETOP
Copyright © 2018 なんばみなとメンタルクリニック All Rights Reserved.